つちこカイロプラクティック
長期的に症状のある方へ
「長期的に患っている症状の改善のためにつちこカイロプラクティックはあります。痛みをできるだけ早くとり、再発を防止し、QOL(日常生活)向上と生活レベルの向上を提供します」
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-16-14
大高ビル 2F
電話 03-3350-9133
Mail info@tsuchiko-chiro.com
院長  土子 勝成(つちこ かつなり)

つちこカイロプラクティックオフィスコンセプトページ。10年以上の臨床経験からお客様の利益を考えた施術を提供します。

頸部痛、肩痛へのアプローチ

頸部痛、肩痛には様々な症状があります。

  • 首の痛み(寝違え)
  • 肩こり
  • 頸部椎間板ヘルニア(脊柱管狭窄症)
  • しびれ
  • 五十肩
  • 胸郭出口症候群

上記の症状には「機能的な問題」と「メンタル的な問題」があります。どちらも「誤作動」という間違った命令が関わっています。それは、人間の体を操り人形として考えますと、人形の不具合で症状を引き起こしている場合は機能的な問題です。対して、操っている脳の問題の場合はメンタル的な問題になります。患者さんと意見を交わしながら誤作動を治療します。

◆ 機能的な問題

機能的な問題へは、アクティベータ・メソッド治療(新しいカイロプラクティック)を行います。脊柱をはじめ肩関節、頭蓋骨とすべての関節に関わる要素をアクティベータ器による刺激で治療して行きます。この刺激は非常に軽く、心地よい刺激ですので機能障害の改善に効果があります。

◆ メンタル的な問題

メンタル的な問題へは、PCRT(心身条件反射療法)治療を行います。メンタル的な要素としてストレスや緊張するパターンを探り切り替えていく治療です。慣れてきますと自分の知らない部分に気付き笑いながら症状改善へと進むことが出来ます。

お問い合わせページへ

施術説明ページへ

つちこカイロプラクティックの詳しい解説

◆ 首の痛み(寝違え)の方へ

首の痛みには寝違えと訴える方と、仕事中に固まった方が多いようです。どちらも同じタイプで血液の循環障害を起こしています。そのため、まずは温めることをおすすめしています。治療は、頸椎という首の関節の機能を出来るだけよくする施術を行います。やり方はアクティベータ器による刺激でロックした首の関節にパッチっと振動刺激を行います。この刺激はかなり軽いですので、赤ちゃんから90歳を越える高齢者まで幅広く施術を受けることが出来ます。とにかくスッキリしますので、一度試されることをおすすめします。

◆ 肩こりの方へ

肩こりを訴える方で、マッサージでは効かないという方が来られます。マッサージで治るならいいのですが、頭痛に発展したり、腕がしびれる方、長期間肩こりのある方は新しい治療をおすすめします。まず初めに、関節の機能をよくする施術をアクティベータ治療で行います。さらに、PCRT(心身条件反射療法)治療をすると肩こりはスッキリとします。このPCRT(心身条件反射療法)とは、肩こりになる患者さん特有の情報を特定します。例えば、時間的な制約やプレッシャー、人間関係の問題、がんばろうや一生懸命、その他に様々な刺激などを特定し、肩こりにつながらないように切り替えると慢性的な肩こりでも改善へと向かいます。

肩こりへの新しい施術「感情解放肩こり施術」ページへ

◆ 頸部椎間板ヘルニア(脊柱管狭窄症)の方へ

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症と診断されると、あたかも治らないような気がします。しかし、そこには落とし穴があります。椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症のある首でも、肩こりの軽い日や楽な日もあると思いますがいかがでしょうか?もし、楽な日は全くない一年中つらい肩こりという方は、脳の問題や心臓の問題を考えなければなりませんが、「軽い日もある」「楽な日もある」という方は治る可能性大です。一度検査されることをおすすめします。

◆ しびれの方へ

しびれを訴える方は、このしびれの原因を追究するための検査をします。一般的に神経を圧迫していると思い込んでいる方が多いので、当オフィスの最先端の検査をおすすめします。実際、神経を圧迫すると実はかなりの痛みを伴ったしびれになります。半端ではない痛みのしびれです。ですから、そんなにひどい痛みのしびれではない方は、検査によって事実が分かります。一度検査されることをおすすめします。

◆ 五十肩の方へ

五十肩で当オフィスに来られる方は、左肩を患う方が多いようです。この症状は肩関節の機能障害ですので、機能障害の改善をアクティベータ治療することが基本になりますが、同時に脳からの命令もPCRT(心身条件反射療法)治療します。人が腕を上げる動作をするとは、脳内でプログラムされた動きを無意識に行っているのですが、このプログラム異常が実際の原因のことがあります。さらに、肩周囲の筋肉や健にカルシウムが沈着してしまう場合や健の断裂のケースもあります。ご自身の五十肩がどのようなタイプなのかを知るためにも一度検査されることをおすすめします。肩が上がらなくなって1ヶ月で治療するのと、1年して治療するのでは、治る時間が全く違ってきますので早期治療が大切です。

◆ 胸郭出口症候群の方へ

胸郭出口症候群の診断を受けた方は、以下のような筋肉間での神経圧迫を言われたと思います。

  • 斜角筋症候群(前斜角筋と中斜角筋間で神経圧迫)
  • 肋鎖症候群(鎖骨と第1肋骨の間で神経圧迫)
  • 小胸筋症候群(小胸筋間で神経圧迫)
  • 頸肋症候群(頸椎にある余分な肋骨で神経圧迫)

どれも筋肉の緊張がまねいていますので、緊張する要素を調べ治療するとしびれの取れる方は多いです。

 

頸部の症例

◆ 頸部椎間板ヘルニアの症例

40歳 女性 会社員

【症状】
1年前から左首と左肩の痛み、たまに激痛と左腕へしびれ

【問診】
色々な大学病院に行き、MRIやレントゲンを取りC6-7(頸椎の6番と7番)の間の椎間板ヘルニアと診断されました。あまりにも痛いときは病院でブロック注射をしたのですが、注射はかなり痛くて症状の変化もそれほどなかったので一度で止めました。その後、いろいろ調べて左首の痛みと左肩の痛みはヘルニアと言われたのですがおかしいなと思うようになりました。それは痛みが朝起きるとかなり痛くて、寝ている時も痛みで起きるほどで、夕方くらいになると痛みは減ってくるのでおかしいと思いつちこカイロに来ました。

【つちこカイロ】
恐怖心はあるものの、首を動かす検査を行いました。女性に首を伸展(上を向く動作)の動きを促すと、ほとんどできず左首と左肩に痛みがありました。と同時に、動かさなくても左首と左肩には痛みがありました。ここで動かして痛みがある場合は、機能的な問題が考えられます。しかし、動かさなくても痛い場合は違う問題を考えます。女性の場合、1年も痛いので炎症はありません。そこで内科的な問題を考えますと、脳梗塞や心筋梗塞を疑いお話を聞きましたが、内科的な問題につながる症状はありませんでした。また、病院でも疑って検査して問題なかったそうです。

【結果】
脊柱を中心に機能障害をアクティベータ治療を3日間連続で行いました。すると、首を後ろにする時の痛みは半減しました。さらに、週2回のペースでストレス的な治療も行いました。本人もストレスが影響しているとうすうす感じていたとのことでした。
トータル8回の治療で首を動かしても痛みのない状態になりました。

【考察】
良い結果がでた背景には、女性自身がストレスの影響を感じていて、治療に積極的に参加して下さったことが大きいと思います。自分の中にある不満や発散できない問題を素直に受け止めて頂いたことが症状の改善につながったと思います。どんな方にも治る力がありますので、それを信じていけば必ず良くなると思います。

治療方法紹介ページへ

ご自身の頸部痛・肩痛に違う施術をお探しの方はご連絡ください

一緒に問題解決をしましょう。

未来は明るいものになりますよ。

   

ご予約は電話一本ですぐ

電話番号 03-3350-9133

丸の内線 新宿御苑前駅から徒歩2分です

お気軽にお問合せください

笑顔で対応させて頂きます

詳しくは お問い合わせページをご覧ください

お問い合わせページへ